img_1057-2 COMPETITION

【大会結果】第42回全日本ライフセービング選手権大会

2016年10月8日・9日@神奈川県片瀬西浜海岸

2016.11.14

『第42回全日本選手権大会』の結果をご報告いたします。館山サーフクラブは過去最多の参加人数となり、社会人はもちろんのこと高校生も参加しました。今年の夏の成果が出て表彰台へのぼった種目もありました。また、房日新聞様にも今大会結果を鵜木海緒選手・津嶋笑満花選手について掲載いただきました。皆さまの応援、ありがとうございました。

■名称 第42回全日本ライフセービング選手権大会
■日程  2016 年10月8日(土)~10月9 日(日)
■場所  神奈川県片瀬西浜海岸
■主催  特定非営利活動法人日本ライフセービング協会
■公式リザルトhttp://jla.gr.jp/lifesaving_sports/results.html
■参加者 1220人(59チーム)

 


《競技結果》
【1日目】

●レスキューチューブレスキュー男子 決勝
7位
ペイシェント:深水雄
レスキューアー:下脇亮磨
ドラッカー:高橋、小川椋尉

【2日目】

●ボードレスキュー男子 決勝
5位
ペイシェント 伊藤俊輔
レスキュアー 堀部雄大

●ボードレスキュー女子 決勝
8位
ペイシェント 津嶋笑満花
レスキュアー 鵜木海緒

●オーシャンマンリレー 決勝
2位
スイム 伊藤俊輔
ボード 米田入海
スキー 堀部雄大
ラン 鈴木翔大

●オーシャンウーマンリレー 決勝
8位
スイム 片山
ボード 鵜木海緒
スキー 篠田敦子
ラン 根岸春果

●BLS
C判定
津嶋笑満花、都築拓馬

《競技部理事からコメント》
・堀部雄大
全日本を振り返って、私たち館山は過去最多人数のエントリー、総勢41名で全日本にのぞみました。高校生、大学生、社会人と幅広い選手層になってきました。中でも高校生7名は館山のジュニアから育ってきた選手であり、彼らと一緒に出場できる時期にきたことがチームとして、とてもとても考え深いです。
結果、大人のレースに初めて出場し、高校生を絡めたチーム種目のビーチリレー、ボードレスキュー、オーシャンウーマンリレーで本選、決勝と勝ち上がり、ポイントを取ってくれたことが、大きな収穫です。
また、大学生は今の館山の中心になっている存在。高校生に負けじと多くの選手が本選、決勝に進出し、自信が付いた大会になってくれたと思います。
そして社会人は30代40代とまだまだ頑張ってます。後輩たちの目標とする選手になり、若い選手と切磋琢磨していけたらと思います。
昨年から一年間、総合3位を大目標として取り組んできました。今回、総合成績では結果として届きませんでしたが、各個人こじん自信が付いてくれたことを期待してます。オーシャンマンリレー準優勝。オーシャンマンリレーはそのチームの実力が分かる種目。オーシャンマンリレーを制すチームはNo.1チーム。館山で一緒にトレーニングしていけば、間違いないことを証明できたレースでしたね。
さぁ来年に向けてチーム館山動き出します。