Processed with MOLDIV COMPETITION

【大会結果】第43回全日本ライフセービング選手権大会

2017年10月7日(土)・8日(日)@神奈川県片瀬西浜片瀬海岸

2017.10.16

■名称:第43回全日本ライフセービング選手権大会

■日程:2017 年10月7日(土)~10月8日(日)

■場所:神奈川県片瀬西浜海岸

■主催:特定非営利活動法人日本ライフセービング協会

■公式リザルト

http://jla.gr.jp/archives/10467.html

■出場者数:1266人(64チーム)※地区予選会を経て

_________

以下、館山サーフクラブの結果になります。

◼︎出場者数 :22名(内、高校生4名、中学生1名)

【競技結果】
◉総 合 :第27位
◉個人種目:オーシャンマン(男子)第8位 伊藤俊輔
◉個人種目:サーフスキーレース(男子) 第4位 堀部雄大
◉団体種目:ボードレスキュー(男子) 第7位 伊藤俊輔・堀部雄大
◉団体種目:レスキューチューブレスキュー(男子)第8位 P深水雄・R千代大斗・D杉本開・D米田入海
◉団体種目:BLS C判定 神谷祥平・正木友海 

_________

第43回全日本ライフセービング選手権大会を振り返って

館山サーフクラブは2006年に設立され、全日本の最高成績は2010年の総合第3位。
ここ数年は総合成績は思うような結果を残すことができないのが現状でした。
今年度も総合成績は入賞すらできませんでしたが。。。
今大会はクラブ長のレース復帰や、新たな社会人、大学生メンバーが出場してくれました。
その一方で頼もしい中学生、高校生達が東日本予選を勝ち上がり、メキメキ成長している姿は来年の館山サーフクラブ総合優勝に向けて大きな大きなステップとなった大会でした。

この成果は館山で毎月行われているジュニア教育が結果に表れており、館山から巣立った大学生もいつの間にかレースで活躍し、強い選手になっています。

ただただ悔しい思いで、閉会式で観客席側に座っていた私達はもう過去は振り返りません。
館山サーフクラブが総合優勝するまで私達は前進します。

最後に大会に関わって頂いた、オフィシャル、スタッフ、応援団、トレーナー、家族、選手、全ての皆さんに感謝致します。ありがとうございました。

館山サーフクラブ競技部 理事 堀部雄大

__________

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV